「桜を見る会」 首相“前日の懇親会は領収書発行せず”

「桜を見る会」 首相“前日の懇親会は領収書発行せず”
総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、安倍総理大臣は、記者団に対し、前日行われた懇親会について、安倍事務所や後援会に入金や出金は一切なく、領収書の発行も行っていないことを明らかにしました。
「桜を見る会」をめぐって、安倍総理大臣は、先週、記者団に対し、前日夜の懇親会を含め、みずからの事務所では、収入や支出はなく、政治資金収支報告書に記載する義務はないと説明しました。

これについて安倍総理大臣は、18日午前10時ごろ、総理大臣官邸に入る際、記者団の取材に応じました。この中で、記者団から「懇親会などについて証拠を示して説明すべきだという指摘が出ている」と問われたのに対し、安倍総理大臣は、「安倍事務所にも後援会にも、一切、入金はなく出金もない。旅費や宿泊費は各参加者が直接支払いを行い、食事代についても領収書を発行していない」と述べました。

また、記者団が「総額を示す明細書はあるか」と質問したのに対し、安倍総理大臣は、「そうしたものはない」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は、懇親会に出席したのはおよそ800人だったとしたうえで、多くが翌日の「桜を見る会」に参加したという認識を示しました。

立民 安住氏「後援会活動の自覚なしが問題」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、国会内で記者団に対し、「前日行われた懇親会は、後援会の主催であれば、政治資金収支報告書に記載をするための資料を保管しておく義務がある。記載する意思がなく、後援会活動という自覚がないことが問題だ。予算委員会での集中審議を求めなければいけない。また、自分たちでも調査し、裏を取って、矛盾点を整理しさらに追及する」と述べました。

菅官房長官 自身の推薦「何人か承知せず」

菅官房長官は、午前の記者会見で、記者団から、自身が事務所を通じて推薦した人数を問われたのに対し、「私のところは数十人だと思うが、内閣府に何人の推薦を出したのかは承知していない。ただ、いろんな方から、依頼をいただき、事務的に回していることは事実だ」と述べました。