悪質タックル 起訴猶予の日大 宮川選手が1年半ぶり実戦復帰

悪質タックル 起訴猶予の日大 宮川選手が1年半ぶり実戦復帰
日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で起訴猶予となった宮川泰介選手が17日、1年半ぶりに実戦に復帰しました。
日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題をめぐっては15日、検察が傷害の疑いで被害届が出ていた前の監督と元コーチを嫌疑不十分で不起訴にするとともに、タックルをした宮川選手を起訴猶予にし一連の捜査が終結しました。

これを受けて、宮川選手は17日、東京 調布市で行われた横浜国立大学との試合に出場し、去年5月以来、1年半ぶりとなる実戦復帰を果たしました。

宮川選手は副キャプテンとして試合前の両チームでのあいさつに参加したあと、ディフェンスで先発し出足の速い守備で相手の攻撃を封じていました。

試合は、日大が横浜国立大学に41対3で勝ちました。

試合後に記者会見した宮川選手は「まずは反則をしてけがをさせてしまった選手と関係者、そしてアメリカンフットボール界全体に多大なる迷惑をかけたことを改めておわびします」と述べ、頭を下げました。

そのうえで「未熟な自分をもう1度フィールドに戻してもらったことに感謝しかない。チームメイトも一度チームを離れた僕を快く迎え入れてくれた。自分のプレーはまだ未熟なので今後も日々の練習に取り組んでいきたい」と話しました。