暗闇に浮かび上がる“名ばく” 華厳滝で初のライトアップ 栃木

暗闇に浮かび上がる“名ばく” 華厳滝で初のライトアップ 栃木
k10012180131_201911170747_201911170748.mp4
栃木県日光市の観光名所、華厳滝で、初めてのライトアップが始まりました。
栃木県日光市の華厳滝は、日本三大名ばくの1つとして知られ、ライトアップは、秋の紅葉シーズンのあとも観光客を呼び込もうと、地元の観光業者などで作る協議会がことし初めて行うことになりました。

初日の16日は、午後5時に滝の正面の展望台に設置された6基のライトが一斉に点灯し、落差97メートルを流れ落ちる白い滝が暗闇に浮かび上がると、訪れた人たちから歓声があがりました。

華厳滝は国立公園の中にあるため、ライトアップによって鳥類などの野生動物に影響がでないか懸念されてきましたが、今回は、専門家による調査を踏まえたうえで、今月23日までの8日間、午後5時からの2時間に限って試験的に行うということです。

名古屋市から友人どうしで訪れた20代の女性観光客は「初めて来てすばらしい滝だと思いましたがライトアップしたほうが一層神秘的できれいです。また来たいです」と話していました。

奥日光冬季活性化推進協議会の星野仁志会長は「ようやく実現にこぎつけ、予想以上に多くの人に来ていただきました。ライトアップされた華厳滝は本当に幽玄で、たくさんの人に来てもらいたいです」と話していました。