北海道 あすにかけ猛吹雪のおそれ 暴風 高波 交通影響に警戒を

北海道 あすにかけ猛吹雪のおそれ 暴風 高波 交通影響に警戒を
k10012177581_201911150607_201911150610.mp4
強い冬型の気圧配置の影響で、北海道では16日にかけて雪を伴って非常に強い風が吹くおそれがあります。気象庁は暴風や高波、猛吹雪による交通への影響に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、強い冬型の気圧配置の影響で北海道では日本海側を中心に非常に強い風が吹き、猛吹雪になっているところがあります。

稚内市で15日午前5時前に27.6メートル、石狩市浜益では午前4時半ごろに26メートルの最大瞬間風速を観測しました。

北海道では16日にかけて雪を伴って非常に強い風が吹く見込みで、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルに達すると予想され、海上の波の高さは6メートルと大しけになる見込みです。

また、上空に真冬並みの寒気が流れ込んでいて、日本海側の多いところでは16日朝までの24時間に50センチの雪が降り、その後、17日朝までの24時間に30センチから50センチの雪が降って大雪になるおそれがあります。

気象庁は暴風や高波、猛吹雪などによる交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

被災地 “寒さ対策”が必要に

各地で冷え込みが厳しくなる今後、ことし相次いだ豪雨災害で大きな被害が出た地域では“寒さ対策”が必要となります。

被災地では、浸水した建物を乾燥させるため、床をはがしたり壁に穴を開けたりした住宅で生活を続けている人もいて、冷たい外の空気がそのまま入ってくる状態に悩む人もいます。

また、浸水の影響で、かびが生えた断熱材を床から取り除いた住宅では、室内で感じる寒さも厳しくなるといいます。

災害NGO「結」代表の前原土武さんは「茨城県常総市で大きな被害が出た4年前の関東・東北豪雨でも、浸水した自宅で冬を越して体調を崩す人たちがいた。そうした人たちの健康管理や、住宅の確保などについて支援の在り
方が今のままでいいのか、改めて考える必要がある」と指摘しています。