倉庫から出火 山林に燃え広がる 広島 東広島市

倉庫から出火 山林に燃え広がる 広島 東広島市
k10012177381_201911141556_201911141557.mp4
14日昼すぎ、広島県東広島市で、プラスチックのリサイクルをしている会社の倉庫から火が出て山林に燃え広がり、現在も消防が消火活動を続けています。警察によりますと、これまでにけが人の情報は入っていないということです。
14日午後0時30分ごろ、東広島市福富町上竹仁でプラスチックのリサイクルをしている「永興産業」の従業員から「倉庫が燃えている」と消防に通報がありました。

消防車10台以上とヘリコプターが出動し、消火活動にあたっていますが、火は周辺の山林にも燃え広がり、3時間以上たった今も黒煙が立ち上っています。

警察と消防によりますと、出火当時、会社には従業員7人がいたということですが,これまでにけが人の情報は入っていないということです。

現場は東広島市の中心部から北におよそ10キロほどの山あいの地域で周辺には住宅などが点在しています。

広島地方気象台によりますと、東広島市には14日午前10時すぎから乾燥と強風の注意報が発表されていて、気象台では火の取り扱いに注意するよう呼びかけていました。