スルガ銀行 事業承継支援ビジネスで新生銀行と提携

スルガ銀行 事業承継支援ビジネスで新生銀行と提携
大規模な不正融資が問題となり、経営の立て直しを進めている静岡県のスルガ銀行は、新生銀行と中小企業を対象にした事業承継のビジネスで提携することになりました。不正の温床となった不動産向けの融資から中小企業向けのビジネスにかじを切り、再建を加速させたい考えです。
スルガ銀行は、ことし5月、新生銀行と業務提携することで基本合意し、共同で手がける事業の内容を協議してきましたが、今回、中小企業の事業承継を支援するビジネスで協力することになりました。

具体的には、新生銀行のノウハウや取引先の情報を活用しながら後継者を探している中小企業と、その会社の事業を買い取りたいという企業を仲介したり、企業どうしの合併を助言したりするビジネスに力を入れることにしています。

スルガ銀行は、シェアハウスなど投資用の不動産融資で組織的な不正が明らかになり、いかに経営を立て直すかが課題となっていますが、新生銀行との提携をきっかけに、不正の温床となった不動産向けの融資から中小企業向けの事業にかじを切り、再建を加速させたい考えです。