新潟女児殺害事件 公判で父親が証言「死刑でも…」

新潟女児殺害事件 公判で父親が証言「死刑でも…」
k10012176111_201911131907_201911131909.mp4
去年、新潟市で小学2年生の女の子を殺害し、線路に遺体を遺棄したとして殺人などの罪に問われている被告の裁判で、女の子の父親が証人として出廷し「娘の大切な人生がかえってくることはなく、死刑でも私たちの気持ちが収まることはない」と訴えました。
新潟市西区の小林遼被告(25)は去年5月、小学2年生の女の子(7)を車ではねて連れ去りわいせつな行為をしたうえ、首を絞めて殺害し線路に遺体を遺棄したとして殺人などの罪に問われています。

新潟地方裁判所で開かれた13日の裁判では、女の子の父親が証人として出廷しました。

父親は女の子について「娘がいなくなって、ぽっかりと穴があいたような、受け止められない気持ちです。頑張り屋でかわいい笑顔を見せてくれるかけがえのない娘でした」とことばをつまらせながら証言しました。

そして、被告に対する気持ちを問われると「あまりにひどすぎてことばが見つからない。とても人間がやることではなく被告には更生や反省といったことばを軽々しく口にしてほしくない」としたうえで「娘の大切な人生がかえってくることはなく、死刑でも私たちの気持ちが収まることはありません」と訴えました。

裁判は14日も行われ、被告の両親などが出廷して証人尋問が行われます。