北日本 14日から暴風や猛吹雪のおそれ 交通への影響に警戒を

北日本 14日から暴風や猛吹雪のおそれ 交通への影響に警戒を
k10012176101_201911131914_201911131943.mp4
急速に発達する低気圧と寒気の影響で、北日本では14日から非常に強い風が吹き、北海道を中心に猛吹雪となるおそれがあります。気象庁は暴風や高波、猛吹雪による交通への影響に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと14日、低気圧が急速に発達しながら北海道の北を進み、その後、16日土曜日ごろにかけて冬型の気圧配置が強まり、上空には真冬並みの寒気が流れ込む見込みです。

このため北日本と北陸では非常に強い風が吹き、北海道では猛吹雪になるおそれがあります。

14日の最大風速は、北海道で25メートル、東北で23メートル、北陸で20メートルと予想され、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する見込みです。

海上では波が高まり、14日は北海道で7メートル、東北と北陸で6メートルと大しけとなる見込みです。

また北海道の日本海側を中心に14日の夜から16日土曜日ごろにかけて大雪になる見込みで、14日夕方から15日夕方までの24時間に降る雪の量は、北海道の多いところで50センチから70センチと予想され、その後も雪の量は増える見込みです。

気象庁は14日以降、北日本を中心に暴風や高波、猛吹雪や路面の凍結などによる交通への影響に警戒するよう呼びかけています。