7月の参院選 1票の格差「合憲」判決 広島高裁

7月の参院選 1票の格差「合憲」判決 広島高裁
ことし7月の参議院選挙で、いわゆる1票の格差が最大で3倍だったことについて、広島高等裁判所は「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態に至っていたとはいえない」として、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。
ことし7月の参議院選挙では選挙区によって議員1人あたりの有権者の数に最大で3.002倍の格差があり、弁護士などのグループが「投票価値の平等に反し、憲法に違反する」として、選挙の無効を求める訴えを全国で起こしました。

このうち広島選挙区と山口選挙区を対象とした判決が13日、広島高等裁判所で言い渡されました。

金村敏彦裁判長は「格差は前回に比べて縮小し、選挙制度の改革について引き続き投票価値の格差を含めた改善が行われることが期待される。平成30年の法改正は小規模なもので、抜本的な見直しにあたるとは言い難いが、違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態に至っていたとはいえない」と指摘して、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。

一方で判決は「投票価値の不均衡は大きなものであり、現状のような3倍の格差が今後も継続するときは違憲状態に至る可能性が高いといわざるをえない」として、さらなる改善を検討するよう求めました。

これで13日までに全国で出された判決は14件で、憲法に違反しない「合憲」とする判決が12件、「違憲状態」とする判決が2件となっています。