「桜を見る会」内閣委で質疑へ 予算委審議は自民が応じられず

「桜を見る会」内閣委で質疑へ 予算委審議は自民が応じられず
総理大臣主催の「桜を見る会」について、立憲民主党は安倍総理大臣から説明を聞く必要があるとして、予算委員会の集中審議を求めましたが、自民党は応じられないとして、所管する内閣委員会で質疑を行うことになりました。
総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐって、自民党の森山国会対策委員長と立憲民主党の安住国会対策委員長らが、断続的に協議しました。

この中で安住氏は、安倍総理大臣の後援会から多くの人が招待されており「公的行事の私物化だ」などとして、衆参両院で予算委員会の集中審議を行うよう求めました。

これに対し、森山氏は「所管する内閣委員会で菅官房長官が説明すべきだ」として、予算委員会の開催には応じられないという考えを伝え、来週、衆議院の内閣委員会で質疑を行うことで合意しました。