国内初 前の車を自動追従「レベル2」機能の大型トラック 公開

国内初 前の車を自動追従「レベル2」機能の大型トラック 公開
k10012175871_201911131716_201911131724.mp4
一定の距離をおいて前の車を自動で追従するなど、「レベル2」と呼ばれる自動運転の機能を備えた大型トラックが公開されました。長距離の運転が多いトラックドライバーの負担軽減につながることが期待されています。
公開されたのは「三菱ふそうトラック・バス」の大型トラックで、ドライバーはハンドルに手を添えている必要がありますが、アクセルやハンドルを自動で制御する自動運転の、「レベル2」と呼ばれる機能を備えています。

このトラックは、カメラやセンサーで道路状況を認識し、ドライバーが操作しなくても同じ車線内を、前の車と一定の距離をおいて走行したり、車線をはみ出すと自動で元に戻したりすることができます。

また、出会い頭の事故を防ぐため、自動ブレーキの機能も強化し、歩行者などを検知する精度を高めたとしています。

トラックの販売は先月から始まっていて、会社によりますと「レベル2」の機能を備えた大型トラックの実用化は、国内で初めてだということです。

三菱ふそうトラック・バスの恩田実エンタイヤービークル開発統括部長は「トラックの運転は、車線の左右の幅が狭くドライバーに負荷がかかりやすい。新たな技術で負担を少しでも軽減させ、安全運転につなげたい」と話していました。