雪のシーズンを前に冬用タイヤへの交換がピーク 秋田

雪のシーズンを前に冬用タイヤへの交換がピーク 秋田
秋田県内では本格的な雪のシーズンを前に、冬用タイヤへの交換作業がピークを迎えています。
秋田県内は14日、冬型の気圧配置が強まって平野部でも雪が降るおそれがあります。

秋田市八橋本町にあるタイヤ販売店では、今月に入って冬用タイヤに交換しようという客からの予約が増え始めました。

13日は午前10時の開店前から予約ができなかった人たちが店舗の駐車場に並んだほか、開店に合わせて予約した客も次々と訪れ、整備スペースはすぐにいっぱいになり、従業員が交換作業に追われていました。

このタイヤ販売店では、タイヤの交換の予約が殺到していて連日、50台から60台ほどの車のタイヤを交換しているということですが、それでも追いつかず、今月中は毎週火曜日の定休日も店を開けて対応することにしたということです。

佐藤和彦店長は「天候の変化や朝晩の冷え込みで、この時期でも路面が凍結することがあるので、タイヤの交換がまだ済んでいない人は早めに交換してほしい」と話しています。