「桜を見る会」 野党側 予算委集中審議要求へ 自民 応じられず

「桜を見る会」 野党側 予算委集中審議要求へ 自民 応じられず
k10012175481_201911131217_201911131218.mp4
総理大臣主催の「桜を見る会」について、野党側は、安倍総理大臣から説明を聞く必要があるとして、予算委員会の集中審議を求めていく方針を確認しました。これに対し、自民党の森山国会対策委員長は、招待者を選ぶ基準を明確にする必要があるとする一方、予算委員会の開催には応じられないという考えを示しました。
総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐって、野党側は、国会対策委員長が会談し、安倍総理大臣の後援会から多くの人が招待されており「公的行事の私物化だ」などとして、衆参両院で予算委員会の集中審議を行うよう求めていく方針を確認しました。

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「安倍総理大臣が国会で説明しないかぎり、この話は終わらない。徹底して追及する」と述べました。

一方、自民・公明両党の幹事長と国会対策委員長は都内で会談し、招待者を選ぶ基準の明確化を検討する必要があるという認識で一致しました。

自民党の森山国会対策委員長は、記者団に対し「どういう人を招待するのか、もう少し明確にしないと、分かりにくいところがある」と指摘する一方、「まずは所管する内閣委員会で議論してもらうことが大事だ」と述べ、予算委員会の開催には応じられないという考えを示しました。