20代の男女死亡 男性が女性刺し自殺か 栃木 真岡

20代の男女死亡 男性が女性刺し自殺か 栃木 真岡
k10012172341_201911111338_201911111339.mp4
11日未明、栃木県真岡市のアパートで20代の男女が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。警察は現場の状況などから男性が女性を刺したあと自殺した疑いがあるとみて詳しいいきさつを調べています。
11日午前1時ごろ、栃木県真岡市八木岡のアパートの部屋で、この部屋に住む会社員の川上貴由さん(29)と、宇都宮市に住む会社員の大竹七海さん(21)が血を流して倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

警察によりますと、現場の部屋では大竹さんの友人の20代の女性が交際相手の川上さんと同居していましたが、最近別れて女性が部屋を出たため、10日夜、大竹さんが代わりに荷物を取りに行ったということです。

女性は近くで待っていましたが、連絡が取れなくなったため、パトロール中の警察官に、「友人が元交際相手に危害を加えられるかもしれない」などと伝え、アパートに駆けつけたところ2人が倒れていたということです。

警察は現場や遺体の状況から、元交際相手が荷物を取りに部屋を訪れた大竹さんとトラブルになって刺したあと、自殺した疑いがあるとみて、詳しいいきさつを調べています。

アパートの住人「女性の『助けて』という声聞こえた」

現場のアパートに住む70代の男性は「午前1時前に上の階からけんかをしているような声と女性の『助けて』という声が聞こえたあと静かになりました。そのあと携帯が2回くらい鳴ったのが聞こえましたが、誰も出なかったと思う。現場の部屋の住人とは顔を合わせるとあいさつする程度でした。警察が来て事件が起きたと知って驚きました」と話していました。