香港 大学生死亡で数万人が追悼集会

香港 大学生死亡で数万人が追悼集会
k10012171451_201911100008_201911100010.mp4
香港では、抗議活動に参加していたとみられる大学生が8日、死亡したことを受けて、9日夜、香港の中心部で数万人が参加して追悼集会が開かれました。
香港では、今月4日に行われた抗議活動に参加していたとみられる大学生、周梓楽さん(22)が、警察の強制排除の最中に建物から転落したあと、治療を受けていた病院で8日、死亡しました。

これを受けて、9日夜、香港の政府庁舎近くの公園で追悼集会が行われ、花を手にしたり喪章をつけたりした数万人の市民が集まりました。

壇上で主催者の1人が「政府は事件の真相を究明しろ」と語気を強めると、参加者からは時折、「民主化の要求を続けるぞ」などとシュプレヒコールが上がっていました。

参加した市民の1人は、「とても悲しい。亡くなった大学生のためにも政府に市民の意見をきくよう求め続けていきたい」と話していました。

一連の抗議活動が始まってから初めての死者が出たことで、市民の間では政府や警察への反発が広がっていて、一部の市民がネット上で週明けの月曜日にゼネストを呼びかけるなど、政府と市民の対立は深まる一方となっています。