国交相が首里城を視察 地元の意向最優先に再建を支援

国交相が首里城を視察 地元の意向最優先に再建を支援
k10012171141_201911092052_201911092145.mp4
赤羽国土交通大臣は、大規模な火災で主要な建物が全焼した那覇市の首里城を視察し、1日も早い再建に向けて地元の意向を最優先に全面的に支援していく考えを示しました。
9日午後、那覇市の首里城を訪れた赤羽国土交通大臣は、全焼した「正殿」の西側にある「奉神門」で沖縄県の玉城知事などから当時の火災の状況や建物の被害について説明を受けました。

首里城の再建をめぐっては、玉城知事が沖縄の本土復帰から50年となる2022年までに再建に向けた計画を取りまとめる考えを示しています。

視察のあと、赤羽大臣は記者団に対し、「沖縄の人の心の支えであり、文化と歴史の象徴の場所がこのような被害を受けたことで地元の人たちの悲しみはいかばかりのことかと現場を見て改めて感じた」と述べました。

そのうえで赤羽大臣は、「地元の意向を受け止めて政府として取り組みを進める。沖縄の人たちの思いがこもった大切な建物なので、どこまでも地元の意向を大切にしながら政府として全面的にバックアップしていく」と述べて1日も早い再建に向けて地元の意向を最優先にして全面的に支援する考えを強調しました。