リビングの窓に焼き切られた痕跡 東京 東久留米 殺人事件

リビングの窓に焼き切られた痕跡 東京 東久留米 殺人事件
k10012170881_201911091216_201911091218.mp4
8日、東京 東久留米市の住宅で、55歳の男性が30か所以上を刃物で刺されて殺害された事件で、1階のリビングの窓に、火を使って焼き切られた痕跡があったことが捜査関係者への取材で分かりました。

すべての部屋で荒らされたような跡が確認され、警視庁は強盗殺人事件として捜査しています。
8日の午後、東京 東久留米市の住宅で、この家の50代の女性と同居していた会社員の二岡一浩さん(55)が、首や胸など30か所以上を刃物で刺されたり、切りつけられたりして殺害されているのが見つかりました。

警視庁は、9日も午前中から現場検証を行っています。

これまでの調べで、1階のリビングの窓が割れていましたが、その後、詳しく調べたところ、窓の鍵の周りに、火を使って焼き切られた痕跡があったことが捜査関係者への取材で分かりました。

窓は30センチくらいの大きさで割られていて、ガラスの破片が部屋の内側に散乱していたことから、この窓から侵入した疑いがあるということです。

また、この家のすべての部屋で、荒らされたような跡が確認されたということです。

この家に住む50代の女性と20代の娘は、イタリアに旅行中で、部屋から何がなくなっているのか分かっていないということです。

警視庁は、強盗殺人事件として捜査しています。

目撃者 「窓は円形に割られていた」

現場近くで塗装作業をしていた20代の男性は、「きのうの午後2時ぐらいに男性の声で、『窓ガラスが割られている』と助けを求める声がしたので行ってみると、息子さんが道路にひざまずいていました。家の様子を見てみると、窓ガラスは鍵の部分が焼き切られたように円形に割られていました」と当時の状況について話しました。

また、「息子さんは中の様子を見ていないというので、カーテンを開けてみると、タンスの引き出しが開いている様子が見えました」と話していました。

男性は、「息子さんは警察を呼んでいましたが、母親とも電話をしていて、母親には『窓ガラスが割れている。強盗かな?』などと話すのが聞こえました」と話していました。

住民 「こんな事件が起きて驚き」

現場近くに住む女性は、「二岡さんの家とは近所づきあいがなく、同居していた女性と会ってもあいさつするぐらいでした。おとといの夕方、二岡さんとみられる男性が家の前でたばこを吸っているのを見かけましたが、特に変わった様子はありませんでした」と話していました。

また、近くに住む70代の男性は、「二岡さんたちは5年から6年ほど前に引っ越してきましたが、最初は母親と娘の2人で住んでいて、あまり間を置かずに二岡さんも住み始めました。自治会にも入っていないため、近所づきあいは希薄で、二岡さんが仕事に行ったり、息子さんとみられる若い男性がたまに訪れたりする姿を見かける程度でした。近くでこんな事件が起きて驚いています」と話していました。