京アニ放火事件 青葉容疑者「どうせ死刑になる」

京アニ放火事件 青葉容疑者「どうせ死刑になる」
k10012170851_201911091207_201911091208.mp4
「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で、警察が殺人や放火などの疑いで逮捕状を取っている青葉真司容疑者について、会話ができる状態にまで回復したとして、事情聴取を始めたことが捜査関係者への取材で分かりました。

青葉容疑者は容疑を認め、病院関係者に対し、「どうせ死刑になる」などと話しているということです。
ことし7月、京都市伏見区の「京都アニメーション」の第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、警察は、殺人や放火などの疑いで青葉真司容疑者(41)の逮捕状を取っています。

青葉容疑者は、みずからも重いやけどを負って病院に入院して治療を受けていますが、捜査関係者によりますと、リハビリを始め、会話ができる状態にまで回復したため、京都府警が病院に捜査員を派遣して、事情聴取を始めたということです。

事情聴取に対し容疑を認めたうえで、事件直後と同じ、「自分の小説を盗まれたから火をつけた」という趣旨の話をしているということです。

また、病院関係者に対して、「どうせ死刑になる」などと話しているということです。

青葉容疑者は京都アニメーションに、少なくとも2点の小説を応募していたことが分かっていますが、会社側は、「形式が整っていなかったため1次審査を通らなかった。内容に自社の作品との類似点はない」と説明しています。

警察は容体がさらに回復するのを待って逮捕する方針です。