“前例のない火災” オーストラリア森林火災2人死亡7人不明

“前例のない火災” オーストラリア森林火災2人死亡7人不明
オーストラリア南東部では、乾燥や強風などの影響で各地で森林火災が燃え広がり、これまでに2人が死亡し、7人の行方が分からなくなっています。

地元の消防は、一時、過去最多となる17の地域で緊急警報を発令するなどして住民に避難を呼びかけています。
オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州では各地で、森林火災が発生していて、乾燥や強風などの影響で住宅地にも燃え広がっています。

これらの火災で、これまでに2人が死亡し、7人の行方が分からなくなっていて、住宅も少なくとも100棟が全焼したということです。

また、地元の消防は、一時、過去最多となる17の地域で緊急警報を発令していて、前例のない火災として、現場周辺の住民に避難を呼びかけています。

現地では、今後も乾燥した風が吹き続けると予想されることから、消防は、森林火災が広がるおそれもあるとして消火活動を急いでいます。

また、ニューサウスウェールズ州に隣接するクイーンズランド州でも森林火災が発生していて、地元メディアによりますと、およそ2000人が避難しているということです。

こうした事態を受けてモリソン首相は、記者会見し、「人々を救済するとともに、その後の復興に向けて力を尽くしていく」と述べ、連邦政府としても、軍を投入して消火を急ぐとともに被災地の復興に取り組んでいく方針を示しています。