野球 プレミア12 日本の2次リーグ初戦はオーストラリアと

野球 プレミア12 日本の2次リーグ初戦はオーストラリアと
野球の国際大会「プレミア12」は1次リーグの全日程が終了して2次リーグに進出する6チームが出そろい、日本は11日の初戦でオーストラリアと対戦することが決まりました。
「プレミア12」の1次リーグはグループAはメキシコとアメリカ、グループBは日本と台湾、グループCは韓国とオーストラリアが2次リーグ進出を決めました。

2次リーグは日本に舞台を移して11日から始まり、日本は11日の初戦でオーストラリア、今月12日の第2戦はアメリカ、13日の第3戦はメキシコ、16日の第4戦は韓国と対戦することが決まりました。

初戦は千葉市のZOZOマリンスタジアムで、第2戦以降は東京ドームで、いずれも午後7時からのナイトゲームで行われます。

1次リーグで同じグループだったチームとの勝敗はそのまま2次リーグに持ち越すため、日本、韓国、メキシコは1勝から、台湾、アメリカ、オーストラリアは1敗からスタートすることになります。

また、この大会は東京オリンピックの予選を兼ねていて、アジア・オセアニアの韓国、台湾、オーストラリアのうちの最上位チームと、アメリカ大陸のメキシコ、アメリカのうちの最上位チームの合わせて2チームがオリンピック出場権を獲得します。

決勝は17日に東京ドームで行われます。