住宅で殺害の55歳男性 就寝中に襲われたか 東京 東久留米

住宅で殺害の55歳男性 就寝中に襲われたか 東京 東久留米
8日、東京・東久留米市の住宅でこの家の住人と同居していた55歳の男性が30か所以上刃物で刺されて殺害された事件で、倒れていたベッドの周辺以外には血の痕がなかったことがわかりました。警視庁は、寝ていたところを襲われたとみて強盗殺人事件として捜査しています。
8日の午後、東京 東久留米市の住宅で、この家の50代の女性と同居していた会社員の二岡一浩さん(55)が首や胸など30か所以上を刃物で刺されたり切りつけられたりして殺害されているのが見つかりました。

これまでの調べで、1階のリビングの窓が割れていて、二岡さんはシャツとパンツ姿でベッドの上であおむけで倒れていたことがわかっていますが、その後の調べで、ベッドの周辺以外には血の痕がなかったことが警視庁への取材でわかりました。

また、この家に住む50代の女性と20代の娘は、イタリアに旅行に行っていましたが、8日午前0時ごろ、二岡さんと女性がLINEでメッセージのやり取りをしていたということです。

警視庁はメッセージのやり取りをしたあと、二岡さんが寝ていたところを襲われたとみて、強盗殺人事件として捜査しています。