広島 住宅で3人の遺体 2人は夫婦と確認 1人は3歳の長女か

広島 住宅で3人の遺体 2人は夫婦と確認 1人は3歳の長女か
8日、広島市安芸区の住宅で血を流して死亡しているのが見つかった男女3人のうち2人は、この家に住む40歳と36歳の夫婦と確認されました。警察は残る1人は3歳の長女とみて確認を進めるとともに、現場の状況から無理心中の可能性があるとみて調べています。
8日正午すぎ、広島市安芸区瀬野町にある住宅の1階と2階で、親子とみられる男女3人が血を流して死亡しているのを通報を受けて駆けつけた警察官が見つけました。

警察が身元の確認を進めた結果、住宅の1階で見つかった2人は、この家に住む会社員の増田哲伸さん(40)と妻の真由子さん(36)と確認されました。

これまでの調べで、夫には腹部や手首などに切り傷があり、妻には背中などに複数の傷が見つかりました。

遺体が発見された当時、玄関や1階の窓にはカギがかけられ、室内に荒らされた跡はなかったということです。

警察は、住宅の2階で見つかったもう1人は3歳の長女とみて確認を急ぐとともに、現場の状況から無理心中の可能性があるとみて調べています。