韓国 ムン大統領 任期折り返しも課題山積 厳しい政権運営

韓国 ムン大統領 任期折り返しも課題山積 厳しい政権運営
k10012170551_201911090623_201911090624.mp4
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は9日で就任から2年半となり、5年の任期を折り返します。日韓関係や南北関係の悪化に加え国内経済の減速など課題が山積する中、支持率は40%台と当初の半分まで下がっており、厳しい政権運営が続く見通しです。
おととし5月に就任した韓国のムン・ジェイン大統領は9日、5年の任期の折り返しを迎えました。

この2年半の間、ムン大統領は北朝鮮との関係改善を最優先に掲げ、去年、3回にわたって南北首脳会談を行うとともに、初めての米朝首脳会談の実現を後押ししました。

しかし、ことし2月の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、北朝鮮が韓国を突き放す姿勢に転じ、南北関係は停滞しています。

また、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で去年10月、韓国の最高裁判所が日本企業に賠償を命じる判決を出したあと請求権協定で解決済みだとする日本政府と対立し、日韓関係は悪化の一途をたどっています。

日本政府が韓国向けの輸出管理を強化したことに対抗して、韓国政府は日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの破棄を決め、同盟国アメリカから見直しを迫られています。

さらに、最低賃金の大幅な引き上げが雇用の減少を招き、輸出や投資なども不振で国内経済が減速しているほか、検察改革を進めるため法相に起用した側近のチョ・グク氏が一連の疑惑を受けて辞任し、任命責任を問われています。

内外の課題が山積する中で、当初80%を超えたムン大統領の支持率は半分の40%台まで下がっており、来年4月の総選挙を控えて厳しい政権運営が続く見通しです。