日墺芸術展の公認取り消し「事業要件満たさず」茂木外相

日墺芸術展の公認取り消し「事業要件満たさず」茂木外相
日本とオーストリアの国交樹立を記念する芸術展について、茂木外務大臣は両国の友好関係の促進といった事業要件を満たしていないことが明らかになったため公認を取り消したと説明しました。
日本とオーストリアの国交樹立150年を記念する芸術展は9月からウィーンで開かれていて、安倍総理大臣にふんした人物が歴史問題などをめぐる演説を行う動画や原発事故をテーマにした作品、昭和天皇とマッカーサーが並ぶ写真に似せた作品などが展示され、外務省は先月30日になって記念事業としての公認を取り消しました。

これについて茂木外務大臣は記者会見で、「展示会は両国の相互理解、友好関係の促進という事業の要件を満たすものではないことが明らかになったため認定の取り消しを主催者に通知した」と述べました。

そのうえで、記者団が「展示内容が『反日的だ』と判断したのか」と質問したのに対し「要件を満たすものではないという判断に基づき行った。表現の自由に関する評価を行うものではない」と述べました。