羽田空港 第2ターミナル 断水解消 原因解明急ぐ

羽田空港 第2ターミナル 断水解消 原因解明急ぐ
6日から断水が続いていた羽田空港国内線の第2ターミナルでは8日昼すぎに給水が再開され、休業を余儀なくされた飲食店などからは安どの声が聞かれました。一方、空港施設の管理会社では地下にある給水管を中心に調査を進めるなどして、原因の解明を急ぐことにしています。
6日、羽田空港国内線の第2ターミナルの受水槽や洗機場の水道から塩分が検出されたため、空港施設の管理会社では水道水の供給を一時的に止めました。

この影響で第2ターミナルでは8日昼すぎまでほぼすべての飲食店が休業を余儀なくされました。その後、水質検査で受水槽に新たにためた水に問題がなかったことが確認されたため、管理会社は午後1時25分ごろから給水を再開し、羽田空港のターミナルビルの断水はすべて解消されました。

断水で6日以降、休業を余儀なくされたすし店では、水道が使えるようになると、次々と新鮮な魚をさばいて久しぶりの開店に向けて準備をしていました。

このすし店の店長は、「土日はもちろん、金曜日に営業できないとダメージは大きいです。水のありがたさを痛感しました。こんなことが二度とないようしっかり原因を調べてほしいです」と話していました。

また、札幌出張から戻ってきた会社員の男性は、「羽田のような近代的な空港でこんなことがあるとは驚きでした。出張でよく空港を利用するので復旧してよかったです」と話していました。

一方、管理会社では当分の間は、定期的に給水管から水を採取して水質検査を行うとともに、引き続き、原因の解明を急ぐことにしています。