中国で覚醒剤所持 違法薬物運搬の罪の元市議 無期懲役

中国で覚醒剤所持 違法薬物運搬の罪の元市議 無期懲役
6年前に中国で、スーツケースの中に覚醒剤3キロ余りを隠し持っていたとして、違法な薬物を運搬した罪に問われ、最高で死刑を求刑されていた愛知県稲沢市の元市議会議員に対し、中国の裁判所は無期懲役を言い渡しました。
愛知県稲沢市の元市議会議員、桜木琢磨被告は、6年前の2013年10月、中国南部、広東省広州の空港で、スーツケースの中に覚醒剤3キロ余りを隠し持っていたとして、違法な薬物を運搬した罪に問われていました。

裁判で桜木元議員は「スーツケースは知り合いから頼まれて預かったもので、覚醒剤が入っていることは知らなかった」などとして無罪を主張していましたが、検察は懲役15年以上、最高で死刑を求刑していました。

8日の判決で広州の裁判所は「被告は空港で他人の荷物と申告しておらず、部屋では自分で荷物の中を調べている。被告は、違法な薬物が入っていることを明らかに知っていて、密輸しようとした」として、無期懲役を言い渡しました。

判決後、弁護士は「桜木さんはがっかりした様子で『受け入れられない』と話していた。残念な結果だが最後まで戦う」と述べて、控訴することを明らかにしました。

裁判は2014年8月に結審しましたが、裁判所は「案件が複雑で、関連証拠を調べる必要がある」として、判決の言い渡しが5年余り延期される異例の事態となっていました。

稲沢市長「中国の司法当局の判断を厳粛に受け止める」

愛知県稲沢市の元市議会議員に無期懲役の判決が言い渡されたことについて、稲沢市の加藤錠司郎市長は、「市民の皆様には大変ご心配をおかけしています。中国の司法当局の判断を厳粛に受け止めます。中国は2審制と聞いていますので、本人およびご家族がどのような判断をされるか注目しています」とコメントしています。

また、稲沢市議会の六鹿順二議長は、「市民の皆様にはご心配をおかけし、議会を代表しておわび申し上げます。当時の市議会議員が行ったことに対して、司法が有罪と判決を下されたことは重く受け止めます」とコメントしています。

中国外務省「法に基づき判決」

中国外務省の耿爽報道官は、8日の記者会見で「広州の裁判所が法に基づいて薬物の密輸に関する案件で判決を言い渡した。中国側は今回の案件について広州にある日本総領事館にすでに通告した」と述べ、中国の法律に基づいて対処したと強調しました。

裁判所が法廷内写真を公開

広州の裁判所は、中国版ツイッターのウェイボーで法廷内の写真を公開しました。写真の中央には、白髪頭の桜木琢磨被告の姿が確認できます。