天皇陛下 伊勢神宮に使者を派遣する儀式

天皇陛下 伊勢神宮に使者を派遣する儀式
k10012169251_201911081157_201911081159.mp4
天皇陛下は8日、皇居・宮殿で、伊勢神宮に大嘗祭(だいじょうさい)を行うことを伝えるため使者を派遣する儀式に臨まれました。
天皇陛下は8日午前10時、天皇の装束とされる「御引直衣」に身を包み、装束姿の宮内庁の幹部の先導で皇居・宮殿の「竹の間」に入られました。

そして大嘗祭を行うことを日本古来のことばで記した「御祭文」を、宮内庁の山本長官を通じて伊勢神宮への使者に授けられました。

続いて天皇陛下は「よく申してたてまつれ」と、おことばを述べられ使者は伊勢神宮への供え物とともに退出しました。

「大嘗祭」の中心的な儀式である「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」は、今月14日から15日にかけて皇居・東御苑に設営されている「大嘗宮」という建物で行われます。

天皇陛下の使者は、今月14日の「大嘗宮の儀」が行われる前に、伊勢神宮の外宮と内宮でそれぞれ「御祭文」を読み上げ、儀式を行うことを伝えることになっています。