香港 抗議活動で初の死者 警察の強制排除中に転落の大学生

香港 抗議活動で初の死者 警察の強制排除中に転落の大学生
抗議活動が続く香港で、警察の強制排除の最中に建物から転落して重体となっていた男子大学生が死亡しました。一連の抗議活動で死者が出たのは初めてで、亡くなった学生を追悼しようと各地で集会が開かれ、警察や政府に対する反発が強まっています。
香港政府などによりますと、今月4日、九龍半島側の住宅街で行われた抗議活動に参加していたとみられる大学生、周梓楽さん(22)が建物から転落して重体となっていましたが、8日午前、死亡しました。

ことし6月から始まった一連の抗議活動で死者が出たのは初めてです。

周さんの転落については多くの市民が、当時、現場周辺で警察が催涙弾を使って強制排除を行っていたことが関係しているのではないかという疑いを深めています。

8日午後からは周さんを追悼するとともに警察に抗議しようと各地で集会が開かれ、このうち香港島の中心部では昼休み中の会社員や学生など数千人が「警察は殺人者だ」とか、「今すぐ警察を解体せよ」などと声を上げました。そして、黙とうが呼びかけられると多くの人が静かに目を閉じて祈りをささげ、涙を流す人の姿も見られました。

参加した30代の男性会社員は「1人の将来ある若者がこのように理由もなく命を失ったことはとても残念で悲しい。政府が責任をとるべきだ」と話していました。

SNS上では8日夜も各地で集会が呼びかけられていて、警察や政府に対する反発が強まっています。

学生ら 学長宿舎に詰めかける

亡くなった周梓楽さんが通っていた香港科技大学では、学長の宿舎に大勢の若者が詰めかけ、「警察の暴力を批判せよ」などと要求して建物の窓ガラスや入り口を壊したり壁に落書きしたりしました。

この大学では、学生らが学長に対し警察の対応を非難するよう繰り返し求めていて、連日、学長との対話集会が開かれていました。

また、学内の食堂でもマスク姿の若者らがテーブルや電灯を壊すなどして、周さんが亡くなったことへの怒りの矛先が大学にも向けられています。

大学では追悼集会

香港科技大学では8日午前、卒業式が行われていましたが、式の途中に周さんの死亡の知らせが伝わると学長が涙を浮かべながら卒業生に報告し、黙とうがささげられました。

午後からは数百人の学生が参加して追悼集会が開かれ、「命を返せ」と書かれた紙を掲げて警察への抗議の声を上げていました。

市民らが転落現場で追悼

男子大学生が転落した現場には亡くなったという知らせを聞いた大勢の市民や若者が訪れ、花を手向けて黙とうしたりろうそくを供えたりして大学生の死を悼んでいました。

自分も学生だという女性は「悲しい。警察に対して怒りを感じます」と話していました。また、別の男性は「とても悲しい。早く真相を解明してほしい」と話していました。

雨傘運動の周庭氏「真相究明を」

男子大学生が死亡したことについて、周庭氏は報道陣の取材に応じ、「とてもショックを受けている。最も大切なのはなぜ大学生が死に至ったのかということで、真実を知りたい。政府と警察には透明性を持った公平な捜査をする責任がある」と述べ、事実関係を詳しく調査するよう求めました。

そのうえで、「今も警察による暴力が続いていて、私たちの怒りは収まらない。政府は警察の暴力をやめさせるべきだ」と述べました。

また、周氏とともに「雨傘運動」を主導した黄之鋒氏は、「みんなで一緒に大学生を追悼し、私たちの連帯を示したい。警察の取締りの在り方について、政府は今こそ独立した調査を行うべきだ」と述べました。

警察の活動と学生転落「関係あるか今後調べる」

大学生が死亡したことについて、香港の警察が会見し、「当時、警察と大学生が現場で接触したという事実は確認されていない。周辺で警察が催涙弾を使って排除の活動を行っていたことが、学生の転落に関係しているかどうかは今後詳しく調べる」としています。

そのうえで、今夜から週末にかけて各地で抗議活動が呼びかけられていることについて「いずれも警察への申請は行われておらず、違法な集会に当たる。警察は平和な集会は尊重するが、混乱する可能性があり、安全には十分注意してほしい」と呼びかけました。

香港政府「原因を明らかにしたい」

大学生が死亡したことについて、香港政府は「深い悲しみをおぼえ、家族には心からのお悔やみを伝えたい。警察はこの件について全力で調べを進めており、原因を明らかにしたい」とコメントしました。

また、香港の議会にあたる立法会の民主派の議員団が声明を発表し「5か月にわたる抗議活動の中で初めて、若者が現場でけがをし、命を失ったことは非常に心が痛む。警察の説明や現場の監視カメラの映像では、当時の状況についてまだ分からないことも多く、早く真相が解明されることを望む」としています。

中国外務省「秩序回復が急務」

中国外務省の耿爽報道官は、8日の記者会見で「外交問題ではない」と述べ、直接のコメントは避けました。

その一方で、「暴力を止めて混乱を収拾し、秩序を回復することが、現在、香港で急いで行うべき任務だ」と強調し、激しさを増す抗議活動を警察が厳しく取り締まることを支持する考えを示しました。

菅官房長官「事態収拾と香港の安定を強く期待」

菅官房長官は8日午後の記者会見で、「昨今の香港情勢を大変憂慮しており、自制と平和的な話し合いを通じた解決を関係者に求めるとともに、事態の収拾と香港の安定を強く期待している」と述べました。

そのうえで、「先般の日中首脳会談でも、安倍総理大臣から1国2制度のもとでの自由で開かれた香港の繁栄が重要だということを伝えたところだ。日中関係は今後ともハイレベルの往来を積み重ね関係改善を図る中で、さまざまな課題を含めて率直に意見交換を行って日中関係を新たな段階に押し上げていきたい」と述べました。