米国防長官 韓国にGSOMIA破棄を見直すよう求める方針

米国防長官 韓国にGSOMIA破棄を見直すよう求める方針
k10012168971_201911080916_201911080936.mp4
日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効が半月後に迫る中、アメリカ国防総省はエスパー長官が、韓国を含むアジア4か国を歴訪すると発表し、失効直前まで韓国に破棄の決定を見直すよう求める方針です。
アメリカ国防総省のホフマン報道官は7日の記者会見で、エスパー国防長官が来週13日から韓国やタイなどアジア4か国を訪問すると発表しました。

韓国ではソウルで開かれる韓国軍との年次会議に出席し、チョン・ギョンドゥ(鄭景斗)国防相らと会談するということです。

会見でホフマン報道官は韓国が破棄を決めた日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAが半月後の今月23日に失効すれば、北朝鮮や中国に対処するうえでの日米韓3か国の連携に大きな影響が出るとの認識を改めて示しました。

そのうえで「来週の韓国との会談でこの問題が協議されることはほぼ間違いない」と述べ、チョン国防相との会談ではGSOMIAの破棄の決定を見直すよう求めるという見通しを示しました。

またタイのバンコクではASEAN=東南アジア諸国連合の拡大国防相会議に合わせて、日米韓3か国による防衛相会談も行う方向で調整が進められていて、アメリカはGSOMIAの維持に向け、失効の直前まで韓国の説得を続ける方針です。

河野防衛相「破棄されれば誤ったシグナルを周辺国に送ることに」

河野防衛大臣は、閣議のあとの記者会見で「完全にボールは韓国側のコートにあるわけで、韓国側に賢明な判断を求める以外に、われわれとして、特に申し上げることは無い。仮に破棄されたとしても、日本の安全保障に直ちに何か影響があるということはないが、それ以上に、誤ったシグナルを周辺国に送ってしまうというのは、日米韓の連携が必要だというこの時期に、デメリットだ」と述べました。

韓国「GSOMIAへの立場 変化なし」

韓国国防省の関係者は、アメリカのエスパー国防長官の韓国訪問について、日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAそのものが国防相会談の議題に含まれているわけではないが、安全保障協力の議論の中で、取り上げられる可能性があるとの認識を示しました。

そのうえで、GSOMIAについて、日本が韓国向けの輸出管理の強化を撤回すれば再検討する用意があるというのが韓国の立場で、それに変化はないと強調しました。

一方で、一部の韓国メディアは、アメリカが失効の期限を一時的に延長する案を検討していると伝えるなど、残り2週間で、事態が打開されるのかどうか、関心を集めています。