IAEA特別理事会 イランの核施設立ち入り拒否を批判

IAEA特別理事会 イランの核施設立ち入り拒否を批判
IAEA=国際原子力機関の特別理事会が開かれ、イランがIAEAの査察官の核施設への立ち入りを拒否したことについて各国から批判が相次いだほか、アメリカはイランが一部の施設で核物質を申告していない疑いがあると指摘しました。
ウィーンに本部があるIAEAで7日、特別理事会が開かれ、IAEAの査察官が先週、イラン中部のナタンズにある核施設を訪れた際、不審なものを持っているとして立ち入りを拒否された問題が取り上げられました。

IAEA側からはイランによって査察官の行動が一時的に制限されたと説明があり、アメリカのウォルコット大使は「査察官が拘束された」と主張したうえで、「これは常軌を逸した挑発行為だ。全く受け入れられない」と批判したほか、EUの代表も「深く懸念しており、再発防止をイランに求める」と述べました。

これに対し、イランのガリブアバディ大使はセキュリティチェックで、査察官の1人から不審な物質が検出されたため、取り調べを行ったと説明したうえで、「これは拘束ではない」と反論しました。

このほかアメリカはイランが一部の施設で核物質を申告していない疑いがあると指摘し、イランの核合意の形骸化が進む中、IAEAからはイランが査察活動に十分な協力をしなくなってきているとの懸念も出ています。