服部良一 笠置シヅ子 戦時中の“幻の作品”発見

服部良一 笠置シヅ子 戦時中の“幻の作品”発見
k10012168891_201911080619_201911080703.mp4
昭和を代表する音楽家 服部良一さんが戦時中に作詞・作曲し、ブギの女王と呼ばれた笠置シヅ子さんが歌った「幻の作品」とされる曲の楽譜や歌詞などの資料が初めて見つかりました。専門家は「戦時中、慰問などで歌われたとみられるが、2人のほかの歌と比べて明らかに異色で興味深い」と話しています。
今回、見つかったのは服部良一さんが戦時中の昭和15年ごろに歌手の笠置シヅ子さんのために書いた曲の楽譜や歌詞などの資料です。

東京都内の倉庫で古い封筒に入れられて保管されていたということで、歌詞などは服部さんの直筆で書かれています。

タイトルは「大空の弟」。戦後大ヒットした「東京ブギウギ」などでコンビを組んだ笠置さんが戦地に赴いて亡くなった弟を思う心情がつづられていて、歌詞には「まぶたに浮かぶ弟よ」などと書かれています。

戦時中、2人によるジャズなどを取り入れた歌は「敵国アメリカのものだ」として規制されたためか、曲には軍歌のような部分もあり2人のほかの歌とは大きく異なっています。

音源が全く残されておらず、これまで「幻の作品」とされてきました。

昭和の大衆音楽に詳しい大阪大学文学部の輪島裕介准教授は、「戦時中、笠置シヅ子が慰問などで歌えるように服部良一が曲を書いて贈ったのではないか。とても興味深い発見だ」と話しています。