首相 新たな経済対策取りまとめと補正予算案編成指示へ

首相 新たな経済対策取りまとめと補正予算案編成指示へ
k10012168831_201911080554_201911080616.mp4
安倍総理大臣は相次ぐ自然災害の経済への影響や、米中貿易摩擦による世界経済のリスクなどを踏まえ、8日の閣議で新たな経済対策の取りまとめと、今年度の補正予算案の編成を関係閣僚に指示することにしています。
最近の経済情勢をめぐっては7日開かれた経済財政諮問会議で、民間議員から世界経済の見通しが不透明なことに加え、台風などによる相次ぐ自然災害で地域経済にも影響が出ているとして、「経済を悪化させないための機動的なマクロ経済運営が重要だ」という指摘が出されました。

これを受けて安倍総理大臣は世界経済のリスクなどにあらかじめ対策を講じる必要があるとして、8日の閣議で新たな経済対策の取りまとめと、今年度の補正予算案の編成を関係閣僚に指示する方針です。

経済対策には自然災害からの復旧・復興に加えて防災・減災対策をさらに進めることや、中小企業や農林水産業への支援策、それに来年の東京オリンピック・パラリンピック後を見据えた景気の活性化策などが盛り込まれる見通しです。

政府は補正予算案に合わせて来年度予算案の編成も並行して進め、経済対策でまとめた措置を2つの予算案に盛り込む方針で、今年度から来年度にかけて切れ目なく対策を講じていきたいとしています。