夜の石垣などに神秘的な光や映像 きょうから「高知城 光の祭」

夜の石垣などに神秘的な光や映像 きょうから「高知城 光の祭」
夜の高知城の石垣などに神秘的な光や映像を浮かび上がらせる「高知城 光の祭」が8日から始まるのを前に7日夜、関係者向けの内覧会が開かれました。
この催しは独創的なデジタルアート作品で注目されている日本のアート集団、「チームラボ」の演出で開かれるものです。

8日夕方の開幕を前に7日夜、県内の宿泊施設や観光関係者などに向けた内覧会が開かれました。

このうち高知城の石垣では「プロジェクションマッピング」という手法で石垣に映し出される「花」や「蝶」などの漢字に訪れた人が近づくと、文字に応じた絵に変化するデジタルアートを楽しむことができます。

また三の丸には高さ1.5メートルから3メートルほどのさまざまな大きさの光を発するオブジェが設置され、オブジェに触れるとその光の色が城内全体の照明に波及し幻想的な空間を作り出します。

この催しは初めて開催された去年、目標を大幅に上回るおよそ11万人が訪れたということで、今回は来年1月13日まで開かれることになっています。