米高官 北朝鮮ミサイル発射「日米韓の足並み乱すねらいか」

米高官 北朝鮮ミサイル発射「日米韓の足並み乱すねらいか」
アメリカ国防総省の高官は北朝鮮による相次ぐミサイル発射のねらいについて、日米韓の短距離ミサイルをめぐる足並みを乱し、3か国の間にくさびを打ち込もうとしている可能性があるという見方を示しました。
アメリカ国防総省でアジア太平洋地域の政策を統括するシュライバー次官補は6日、NHKとのインタビューで、ことし5月以降相次ぐ北朝鮮によるミサイル発射について、「挑発により外交面で有利な立場に立とうとしているのかもしれない」と述べました。

そのうえで「日本とアメリカ、韓国のそれぞれの間にくさびを打ち込もうとしている可能性がある」と述べて、トランプ大統領が短距離ミサイルであれば問題視しない姿勢を示すなか、日米韓の足並みを乱そうとしているという見方を示しました。

さらに「ミサイル技術を向上させ、軍の近代化を進めようとしている可能性もある」と述べ、北朝鮮がこれらのさまざまな思惑からミサイル発射を繰り返しているという認識を示しました。

一方、シュライバー次官補は北朝鮮が来月予定されている米韓の合同軍事訓練への反発を強めていることについては現時点で訓練の計画は進められているものの、「外交に余地を与えるための調整は常にあり得る」と述べて、今後はトランプ大統領の判断によるという認識を示しました。

アジアへのミサイル配備「協議できる段階ではない」

またシュライバー次官補は、アメリカ政府が核軍縮条約INF=中距離核ミサイルの全廃条約の失効を受けて、地上発射型の中距離ミサイルのアジアへの配備を目指していることについて、「現在はミサイルシステムの開発段階にある」と述べました。

そのうえで配備場所の選定についてはまずアメリカ軍の内部で検討を進める必要があるという考えを示しました。

そして日本政府との協議については「日本はINF失効後の計画に興味を持っており、われわれがミサイルシステムの開発を進めていることは伝えている」と述べる一方、「配備の可能性についてまだ同盟国などと協議できる段階ではない」として、配備に関する具体的な協議はしていないという認識を示しました。

「同盟国がファーウェイ導入の場合 情報共有に懸念」

またシュライバー次官補は中国の通信機器大手ファーウェイの次世代の通信規格5Gについて、「純粋な商業目的ではなく、党と国の利益に基づく運用となるだろう」と述べて、中国共産党や中国政府に悪用されるおそれがあるという分析を示しました。

そのうえでファーウェイの機器は中国のスパイ活動に対してぜい弱だと指摘したうえで、「同盟国やパートナー国が導入した場合には情報の共有には懸念が生じるだろう」と述べ、導入した国とは機密情報の共有を見直す考えを示しました。

ファーウェイを巡ってはアメリカ政府が排除を進める一方、ヨーロッパなどの同盟国のなかには排除に慎重な国もあることから、国防総省として改めて各国に排除を迫る姿勢を鮮明にした形です。

一方、シュライバー次官補は中国が太平洋の島しょ国に対し経済的な影響力を強めているとしたうえで、「略奪的で、公正な取り引きではない」と批判し、日本やオーストラリアなどの同盟国と協力して島しょ国との連携強化を目指す考えを示しました。