羽田空港断水 水質検査で異常なければきょうにも供給再開

羽田空港断水 水質検査で異常なければきょうにも供給再開
羽田空港国内線の第2ターミナルで6日から断水が続いているトラブルで、塩分が検出された第2ターミナルの「受水槽」と「洗機場」との距離は1キロ余りで、空港施設の管理会社ではこの付近の給水管などをくわしく調べています。一方、管理会社では水質検査で異常がなければ8日にも水の供給を再開したいとしています。
6日、羽田空港の施設内の水道水をためる受水槽などから塩分が検出されたため、空港施設の管理会社では国内線のターミナルビルなどへの水の供給をストップし、このうち国内線の第2ターミナルでは今も断水が続いています。

この影響で第2ターミナルでは多くの飲食店で休業が続いているほか、トイレの手洗い場の水が使えないままとなっています。

管理会社や国土交通省などのこれまでの調査で、第2ターミナルの4基ある受水槽のうちの1基からと、旅客機の「洗機場」の水道水から塩分が検出されていたことがわかりました。

この受水槽と洗機場との距離は1.2キロほどで、空港施設の管理会社ではこの付近の給水管などをくわしく調べています。

一方、管理会社では洗浄した受水槽に、新たにためた水について水質検査を行っていて、異常がなければ、8日にも水の供給を再開したいとしています。

国土交通相「早期復旧し原因究明を」

羽田空港国内線の第2ターミナルで断水が続いているトラブルについて、赤羽国土交通大臣は、国土交通省の対策本部を立ち上げて早期復旧に努めるとともに原因究明を進める考えを示しました。

赤羽国土交通大臣は、閣議のあとの記者会見で「これだけの期間、空港の利用者や関係者に多大なる迷惑をかけていて大変申し訳ない」と述べました。

そのうえで「旅客の混乱を最小限にするため関係者と連携し、できるだけ早期の復旧に努めたい」と述べ、国土交通省の対策本部を立ち上げ原因究明を進める考えを示しました。