WBSSバンタム級決勝 井上尚弥 判定勝ちで優勝

WBSSバンタム級決勝 井上尚弥 判定勝ちで優勝
ボクシングの異なる団体の世界王者などで争う「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」の決勝が行われ、バンタム級の井上尚弥選手がフィリピンのノニト・ドネア選手に判定で勝って優勝しました。
「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」は異なる団体の世界王者などがトーナメントで争ってその階級の最も強い選手を決める大会です。

バンタム級でIBF=国際ボクシング連盟とWBA=世界ボクシング協会の2団体統一チャンピオンの井上選手は7日夜、さいたま市で行われた決勝で、WBAスーパーチャンピオン、フィリピンのドネア選手と対戦しました。

井上選手は序盤からスピードのあるジャブを打っていきましたが、相手も前に出て強烈な左右のフックを打ち返し、なかなかペースを握れず、第2ラウンドには相手の得意の左フックで右目の上を切って出血し、第9ラウンドには相手のパンチでぐらつくなど苦戦しました。

それでも井上選手は要所で強烈なパンチを当てて相手の前進を止め、第11ラウンドには的確な左のボディーブローを決めてダウンを奪いました。

試合は最終12ラウンドを戦っても決着がつかず判定にもつれこみ、井上選手が3対0で勝ちました。

井上選手はこの大会のバンタム級の初代王者となるとともに、WBAでは3回目、IBFでは初めての防衛に成功し2団体統一チャンピオンの座を守りました。

井上選手は「負けられないというドネア選手の気持ちの強さを感じた試合だった。試合前に“世代交代”と言っていたが、こんな内容では世代交代とは言えない。もっと練習して強い井上尚弥を見せたい」と話していました。

この試合の前にはWBC=世界ボクシング評議会のバンタム級王座統一戦が行われ、暫定チャンピオンで井上選手の弟の拓真選手は正規チャンピオンのフランスの選手に判定で敗れました。