孫社長「真っ赤っかの大赤字」ソフトバンクグループ中間決算

孫社長「真っ赤っかの大赤字」ソフトバンクグループ中間決算
k10012166361_201911061916_201911061921.mp4
ソフトバンクグループのことし9月までの中間決算は、営業損益が155億円余りの赤字となり、1兆4000億円余りの黒字だった前の年の同じ時期から一転して営業赤字に転落しました。投資先のアメリカのシェアオフィス大手、ウィーワークの経営が悪化したことで、運営するファンドに巨額の損失が出たことなどが要因です。
ソフトバンクグループが、6日発表したことし9月までのグループ全体の中間決算は、売り上げが4兆6517億円と、前の年の同じ時期と比べて横ばいでした。

しかし、営業損益は、155億円の赤字となり、1兆4207億円の黒字だった前の年から一転して、営業赤字に転落しました。

この時期の営業赤字は15年ぶりだということです。

また、最終的な利益も4215億円と、黒字額が前の年に比べてほぼ半分に減りました。

これは、投資先のアメリカのシェアオフィス大手、ウィーワークの経営が悪化したことで、運営するファンドに巨額の損失が出たことなどが要因です。

記者会見したソフトバンクグループの孫正義社長は、「今回の決算はボロボロだ。真っ赤っかの大赤字で、まさに台風というか大嵐という状況だ」と述べました。

そしてウィーワークへの投資で巨額の損失が出たことについては「私自身の投資判断、それがいろんな意味でまずかった。大いに反省している」と述べました。

ソフトバンクグループは10兆円規模の投資ファンドを設立するなど、このところ投資会社としての性格を強めていて、ことし6月までの3か月間の決算では、最終的な利益が1兆1200億円余りと、日本の主要な企業として過去最高の利益をあげていました。

しかし、今回は投資先の経営の悪化で一転して、みずからの業績に大きな打撃が及んだ形になりました。

なぜ赤字に?

ソフトバンクグループが営業赤字に転落した最大の要因は、投資先のアメリカ・ニューヨークに本拠をおくウィーワークの経営悪化です。

ソフトバンクグループは、サウジアラビアの政府系ファンドなどから資金を募って10兆円規模のファンドを設立し、AI=人工知能などに強みをもつ世界各地の88社に積極的に投資をしています。

ウィーワークに対しても、子会社やファンドを通じてこれまでに103億ドル、日本円で1兆1000億円余りを投資して来ました。ウィーワークは、企業や個人事業者にオフィスを貸し出すシェアオフィスをアメリカや日本など20か国以上で手がけていますが、事業の拡大を優先して赤字体質が続いていたことに加えて、ずさんな経営も指摘され、ことし秋にもニューヨークで予定していた株式の上場が見送られました。

その結果、ウィーワークの企業価値は大幅に減少し、ソフトバンクグループは子会社やファンドが持つ株式などの帳簿上の価格を見直し、巨額の損失を計上することになりました。

ソフトバンクグループは、先月、ウィーワークに新たに1兆円規模の追加支援を行うことを決めていて、立て直しが果たせるかが問われています。

孫社長「救済投資はしない」

一方、6日の記者会見で孫社長は、先月決まったウィーワークに対する追加の支援について、「ソフトバンクグループがウィーワークと一緒に泥沼に突入するというふうに映ってしまい、ご心配をかけた」と述べました。

そのうえで、今後の投資方針として「投資先の財務は、あくまでも独立採算であって彼らが赤字になったからといって、われわれが救済しに行くような投資は行わない。今回のウィーワークはそれなりの事情があったが、これで終わりにし、こういう例外はもうしない」と述べました。

その一方で、「ウィーワークへの投資について反省はしているが、反省をしすぎて萎縮をしているわけではない。これからも思い描いた信念とビジョンは微動だにせずしっかりと進めていく」と述べ、投資に対する強気の姿勢に変わりがないという考えも示しました。

米携帯電話2社の合併「承認を取得した」

ソフトバンクグループは、傘下の全米4位の携帯電話会社、スプリントと、3位のTモバイルUSの合併に向けて、「必要なすべてのアメリカ連邦規制当局の承認を取得した」と発表しました。

合併によってできる新会社は、ベライゾン、AT&Tに次ぐ、全米3位の携帯電話会社となります。

ただし、利用者が不利益を被るなどとしてこれまでに一部の州が合併の差し止めを求めていて、合併が実現するかどうかは、その結果しだいとなります。