羽田空港 国内線ターミナルで断水 復旧めど立たず

羽田空港 国内線ターミナルで断水 復旧めど立たず
k10012165901_201911061219_201911061225.mp4
6日午前、羽田空港の国内線のターミナルビルで断水し、このうち第2ターミナルでは現在も復旧作業が続けられていますが、復旧のめどは立っていないということです。
6日午前8時半ごろ、国内線の第1ターミナルと第2ターミナルで供給している水道の水で、「しょっぱい味がする」という連絡があり、ターミナルビルを管理する日本空港ビルデングが水道への水の供給をストップし、水質検査を行いました。

このうち、第1ターミナルについては、水質に異常がなかったとして午前11時ごろから復旧していますが、第2ターミナルでは今も断水が続いています。

この影響で、多くの飲食店では、ちゅう房で水が使えず休業をしたほか、トイレの手洗い場の水道が使えないことから、非常用の飲料水のペットボトルを手洗い用の水として配備しています。

一方、国際線のターミナルには影響はありませんでした。

国土交通省によりますと、第2ターミナルの受水槽から塩分が検出されたため、受水槽の水を抜いたうえで、洗浄を行うことにしているということです。

日本空港ビルデングによりますと、復旧のめどは立っていないということで、復旧作業を急ぐとともに原因を調べているということです。