首相搭乗の政府専用機内のオーブンから煙 消火器で止める

首相搭乗の政府専用機内のオーブンから煙 消火器で止める
3日午後3時ごろ、安倍総理大臣が乗って、タイに向かっていた政府専用機の機内で調理用のオーブンから煙が出ましたが、乗員が消火器を使ってすぐに止め、けが人はおらず、設備にも被害は出ませんでした。

当時、機内では「ぼやが起きた」とアナウンスが流れましたが、防衛省によりますと、火は確認していなかったということです。
3日午後3時ごろ、ASEAN=東南アジア諸国連合関連の首脳会議などに出席する安倍総理大臣が乗って、羽田空港からタイに向かっていた政府専用機の機内で異臭が発生し、「ぼやが起きた」とアナウンスが流れました。

防衛省によりますと、機内後方に備え付けられた調理用オーブンで航空自衛隊の乗員が耐熱袋に入ったパンを温めていたところ、焦げ臭いにおいが生じ煙が出たため、消火器を使って止めたということです。

防衛省はその後、火は確認していなかったと説明しています。

煙が出た直後に撮影された機内の様子には航空自衛隊の乗員が消火のため、機内後方にある調理用オーブンに向かっていく様子が写っています。

このトラブルでけが人はおらず、設備にも被害はなく、政府専用機はそのまま飛行を続け、午後8時半前にタイに到着しました。