IMF“世界経済さらに減速のおそれ” 各国に対応要請

IMF“世界経済さらに減速のおそれ” 各国に対応要請
IMF=国際通貨基金は19日、主な加盟国の財務大臣らが出席する委員会をワシントンで開き、貿易摩擦によって世界経済がさらに減速するおそれがあるとして、各国に財政出動をはじめあらゆる対応をとるよう求める声明を発表しました。
IMFの委員会は、声明で、米中の貿易摩擦や、イギリスのEU離脱の問題をはじめとした不透明感の広がりなどを背景に「世界経済は減速が続いている。先行きの見通しも不確実になり下振れするおそれが高まっている」と懸念を示しました。

そのうえで「自由で公正な貿易と投資こそが経済成長や雇用創出の原動力になる」と指摘し、貿易摩擦の解決と、WTO=世界貿易機関の機能を強化する改革が欠かせないと訴えました。

そして、世界経済がさらに減速する事態を避けるために財政出動や金融政策など各国にあらゆる対応をとるよう要請しました。

記者会見したIMFのゲオルギエワ専務理事は「世界経済にとっては関税引き上げの影響よりも不透明感がもたらす影響のほうが大きい。財政出動や構造改革などを適切に組み合わせて対処していく必要がある。そうすれば経済の減速を止めて改善できるはずだ」と述べました。