米大統領選 民主党のサンダース上院議員 巻き返しへ

米大統領選 民主党のサンダース上院議員 巻き返しへ
来年のアメリカ大統領選挙に向けた野党・民主党の候補者選びで、現在、支持率で3位の左派のサンダース上院議員が、左派の間で人気の高い若手の女性下院議員の支持を取り付け、一緒に選挙運動を行うと明らかにしました。党内左派の支持を固めて巻き返しを図る狙いです。
来年のアメリカ大統領選挙に向けた野党・民主党の候補者選びで、現在、支持率で3位のサンダース上院議員は19日、左派の間で人気の高い女性下院議員のオカシオコルテス氏の支持を取り付けたことを明らかにし、オカシオコルテス氏の地元、ニューヨークで集会を開きました。

前回の大統領選挙で旋風を巻き起こしたサンダース氏ですが、今回は、心臓発作を起こしたことで健康不安が表面化し、支持率で中道派のバイデン前副大統領と左派のウォーレン上院議員に遅れをとっています。

集会では、去年の中間選挙で29歳の若さで史上最年少の女性下院議員となり一躍注目を集めているオカシオコルテス氏が、「アメリカで草の根の運動を率いて勝利できることをサンダース氏が教えてくれた」と述べ、サンダース氏への支持を呼びかけました。

また、サンダース氏も「大統領になる準備ができている」と強調し、オカシオコルテス氏と一緒に全米で選挙活動を展開していくと明らかにしました。

民主党の候補者選びは、この1か月、サンダース氏と同じく富裕層への増税などを掲げる左派のウォーレン氏が急速に支持を集めていて、サンダース氏としては、オカシオコルテス氏との連携によってウォーレン氏から勢いを奪い、巻き返しを図る狙いで、ウォーレン、サンダース両氏の間で左派の支持をめぐる争奪戦が本格化しそうです。

マイケル・ムーア監督も支持「年取りすぎていない」

ニューヨークで行われた集会には、共和党政権を批判するドキュメンタリー映画の製作で知られるマイケル・ムーア監督も参加し、サンダース氏への支持を表明しました。

ムーア氏は、ブッシュ政権を痛烈に批判したドキュメンタリー映画「華氏911」や、トランプ大統領を非難した「華氏119」を製作した監督です。

ムーア氏は集会で「サンダース議員は、決して年を取りすぎていない。年をとって古すぎるのは、いまだに低い最低賃金や、男性よりも低い女性の給与だ」などと訴えて、サンダース氏を支持する立場を表明しました。