“映画が描く女性 リーダー少なく性的対象に” NGOが指摘

“映画が描く女性 リーダー少なく性的対象に” NGOが指摘
国際的なNGOが世界20か国で上映された映画について男女の描かれ方を分析し、企業の社長や政治家などリーダーの役割を担う登場人物の割合は女性のほうが大幅に少なく、男性より女性が性的な対象として描かれていると指摘しました。NGOはジェンダーの固定観念に影響を与えるとして、改善を呼びかけています。
女性や子どもの権利向上などを支援している国際NGO「プラン・インターナショナル」などは、日本を含む世界20か国で去年、高い興行収入を上げた56本の映画について男女の描かれ方を分析し、報告書をまとめました。

それによりますと、女性の登場人物の割合は33%で、67%だった男性の半分以下でした。

また、企業の社長や政治家などリーダーの役割を担う登場人物の割合を調べたところ、女性は27%だったのに対し男性は42%で、15ポイントの差がありました。

さらに、そうした女性リーダーの登場人物のうち、30%は露出の多い服を身に着けていたほか、15%は体の一部がクローズアップされていたなどとして、男性より性的な対象として描かれていると指摘しています。

NGOは、ジェンダーの固定観念に影響を与えるとして改善を呼びかけていて、各国のメディア業界や政府に対し、若い女性のロールモデルになるような人物を描くよう求めるとともに、映画製作に携わる女性を増やし支援するよう求めています。