東日本~東北で大気不安定 千葉県で猛烈な大雨

東日本~東北で大気不安定 千葉県で猛烈な大雨
k10012139661_201910191016_201910191021.mp4
前線や低気圧の影響で東日本と東北の広い範囲で大気の状態が不安定になっていて、千葉県では1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられます。関東では沿岸部を中心にこのあとしばらく非常に激しい雨が降る見込みで、気象庁は、台風19号の被災地では洪水や土砂災害の危険性が高まるおそれがあるとして警戒を呼びかけています。
気象庁によりますと前線と低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、東日本と東北の広い範囲で大気の状態が不安定になっています。

この時間、関東南部に発達した雨雲がかかっていて、千葉県ではレーダーによる解析で午前7時50分までの1時間に横芝光町付近でおよそ110ミリ、山武市付近でおよそ100ミリ、匝瑳市付近でも午前8時10分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

これまでの雨で千葉県では土砂災害の危険性が非常に高まり土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

大気の不安定な状態が続くため、関東の沿岸部を中心にこのあとしばらく非常に激しい雨が降るおそれがあるほか、東北では昼すぎにかけて、新潟県では夕方にかけて局地的に激しい雨が降る見込みです。

20日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで関東甲信と伊豆諸島、東北の太平洋側で80ミリ、新潟県で70ミリと予想されています。

台風19号の被災地では、川の堤防が決壊するなどして応急的な補修工事が行われていますが、復旧できていない場所があるほか、地盤が緩んでいるところもあります。

気象庁は、ふだんなら災害につながらないような雨量でも洪水や土砂災害の危険性が高まるおそれがあるとして警戒を呼びかけています。

復旧作業や片づけなどの際は雨の降りかたに注意し、増水した川や山の斜面などに近づかないようにするとともに、自治体からの避難の情報に注意してください。