電気事業連合会 中部電力 勝野社長の会長再就任へ調整

電気事業連合会 中部電力 勝野社長の会長再就任へ調整
大手電力会社でつくる「電気事業連合会」は、会長を務めていた関西電力の岩根茂樹社長がみずからを含む経営幹部らの多額の金品授受の問題で辞任したことを受けて、ことし6月まで会長を務めていた中部電力の勝野哲社長に再び就任を求める方向で調整に入りました。
関西電力の岩根社長は、全国の電力会社10社でつくる電気事業連合会の会長に、ことし6月に就任したばかりでしたが、みずからを含む経営幹部らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題の責任をとって、今月9日、会長の職を辞任しました。

これを受けて電気事業連合会は、18日に開かれる各社の社長が参加する会議で、中部電力の勝野哲社長に会長への就任を求める方向で調整に入りました。

関係者によりますと、勝野氏も要請があれば受け入れる見通しだということです。

電気事業連合会の会長職は、東京・関西・中部の3つの電力会社の社長が務めてきましたが、福島第一原子力発電所の事故のあと、東京電力は会長を出しておらず、勝野氏はことし6月まで3年間、会長を務めていました。

就任が決まれば、異例の再登板となります。