マラソン 組織委森会長「われわれがダメだと言えますか?」

マラソン 組織委森会長「われわれがダメだと言えますか?」
東京オリンピックの猛暑対策として、マラソンと競歩の会場を札幌に移す案をIOC=国際オリンピック委員会が発表したことについて、大会組織委員会の森会長は、17日夕方、報道陣の取材に応じ「IOCがこれでやりたいと言っている。国際競技団体もいい案だと言っている。われわれがダメだと言えますか?」と述べました。
また「『東京都は同意していない』とIOC側に伝えた。東京都と日本陸上競技連盟の考え方を大事にして組織委員会がまとめないといけない」と述べ、今月30日からのIOCの調整委員会で方向性が出るとの見通しを示しました。

「札幌ドーム発着案を示された」

森会長はIOCで東京大会の責任者を務める調整委員会のコーツ委員長と16日までに電話でやり取りした内容を報道陣に明かしました。

この中で、札幌に移った場合のコースについては、森会長は「札幌はマラソンが行われている経験がありコースが作りやすいとIOCは評価している。札幌ドームをスタートして帰ってくる案でどうかとも話していた」と述べ、IOC側から札幌ドームを発着点にする案を示されたことを明らかにしました。

また、森会長は札幌に移す場合に生じる経費についても触れ、「経費がふくれあがったときにどうするか。IOCが持ってくださいよ、ということも言わないといけない。経費がどれくらいかかるのかこれから精査し、われわれの財政にとってとてつもない額だったら負担はできないよ、とコーツ委員長に伝えた」と述べ、場合によってはIOCに経費の負担を求める姿勢を示しました。