東日本と東北 あす以降 ところによって大雨 警戒を

東日本と東北 あす以降 ところによって大雨 警戒を
前線や低気圧の影響で18日から19日土曜日にかけて、東日本と東北の広い範囲でまとまった雨が降り、ところによって大雨になるおそれがあります。台風19号による豪雨の被災地では洪水や土砂災害の危険性が高まるおそれがあり、気象庁が警戒を呼びかけています。
気象庁によりますと、湿った空気が流れ込んでいる影響で、この時間、関東や東海などで雨が降っています。

18日から19日土曜日にかけては、日本の南にある前線が本州付近に北上し、前線上を低気圧が北東へ進むほか、19日の朝には、日本海に別の低気圧が発生し、東北などに近づく見込みです。

このため、東日本と東北の広い範囲でまとまった雨が降り、ところによって大雨になるおそれがあります。

17日夕方から19日夜遅くまでの総雨量は、いずれも多い所で伊豆諸島で200ミリから300ミリ、関東甲信と東北の太平洋側で100ミリから150ミリ、静岡県で100ミリから200ミリ、新潟県で50ミリから100ミリと予想されています。

台風19号による豪雨の被災地では、東日本や東北を中心に川の堤防が決壊するなどして応急的な補修工事が行われていますが、復旧できていない地域もあります。

また、地盤が緩んでいる所もあり、気象庁は、洪水や土砂災害の危険性が高まるおそれがあるとして警戒を呼びかけています。復旧作業などの際には、雨の降りかたや最新の気象情報に十分注意してください。

被災地 不安の声

長野県でも17日夜から雨となる見通しで、千曲川の堤防が決壊した長野市穂保地区では被災した人たちから不安の声が聞かれました。

浸水した自宅で後片付けに追われている58歳の女性は「雨が降ると片付けも大変になるので、元の生活に戻れるのか心配です」と話していました。

堤防が決壊した現場では17日中の完成を目指して、応急的な復旧工事が進められています。

自宅が被災した73歳の女性は「仮の堤防ができるということで少しほっとしていますが、しっかりとした堤防も整備してほしいです」と話していました。また、48歳の女性は「雨が降ると、川がどうなるのか心配だったので仮でも堤防があれば少しは安心できます」と話していました。

1人暮らしの82歳の女性は「夜の間も電気をつけて工事を続けてくれていたので大変ありがたいです。避難して家に戻ってみると家にあったものが流されていて悲しくなりました」と話していました。