参院選1票の格差訴訟 高松高裁がきょう判決言い渡し

参院選1票の格差訴訟 高松高裁がきょう判決言い渡し
ことし7月の参議院選挙でいわゆる1票の格差が最大で3倍あったのは憲法に違反するとして、弁護士のグループが選挙の無効を求めている裁判について、16日、高松高等裁判所が判決を言い渡します。ことしの参議院選挙での1票の格差について、司法の判断が示されるのは全国で初めてです。
ことし7月の参議院選挙では選挙区によって議員1人当たりの有権者の数に最大で3.002倍の格差があり、弁護士などのグループが「投票価値の平等に反し、憲法に違反する」として、選挙の無効を求める訴えをすべての選挙区を対象に起こしています。

このうち、四国の3つの選挙区を対象にした裁判について、きょう午後、高松高等裁判所が判決を言い渡します。

ことしの参議院選挙の1票の格差をめぐる裁判は、全国の高等裁判所や高裁支部に起こされていますが、初めての判決となります。

前回・3年前の選挙では最大で3.08倍の格差があり、最高裁判所は、憲法に違反しないと判断しましたが、格差を是正する必要性を指摘し、今回の選挙は埼玉選挙区の改選議席を1議席増やし、格差は最大で3.002倍となりました。

裁判所がこうした取り組みをどう判断するか注目されます。