川崎 91万人余に避難指示

川崎 91万人余に避難指示
台風19号の接近で川崎市は多摩川が氾濫するおそれがあるとして午後7時に新たに川崎区、幸区、中原区の氾濫による浸水が想定される区域に、新たに避難指示を出しました。これにより、市内では避難指示の対象が合わせて91万人余りにのぼっています。
新たに避難指示が出されたのは、
川崎区の11万3249世帯23万1028人、
幸区の7万1768世帯15万3584人、
それに中原区の12万1907世帯24万3814人です。

川崎市ではすでに高津区の6万5621世帯13万8460人と、
多摩区の7万4073世帯14万8887人にも避難指示が出されていて、
これで合わせて91万5773人に避難指示が出されました。