北朝鮮の漁船衝突映像 公表の方向で検討 菅官房長官

北朝鮮の漁船衝突映像 公表の方向で検討 菅官房長官
水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故について、菅官房長官は、衝突現場の様子を撮影した映像を公表する方向で検討していることを明らかにしました。
今月7日、石川県の能登半島沖で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故をめぐっては、与野党から、事実関係を明らかにするため事故やその後の救助活動の様子を記録した映像を公表するよう求める意見が出ていました。

これについて、菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「衝突の現場を撮影した映像を公表する方向で検討していると報告を受けている。現在、公表の時期や方法などについて検討している」と述べ、映像を公表する方向で検討していることを明らかにしました。