埋設工事中に土砂崩れ作業員2人死亡 北海道 北竜町

埋設工事中に土砂崩れ作業員2人死亡 北海道 北竜町
10日夕方、北海道北竜町で農業用水のパイプを地中に埋める作業をしていた男性作業員2人が崩れた土砂に埋まり、病院に運ばれましたが、2人の死亡が確認されました。
10日午後4時40分ごろ、北海道北竜町岩村で農業用水のパイプを地中に埋める作業をしていた、いずれも留萌市に住む千葉修一さん(64)と長谷川美紀夫さん(66)が、崩れてきた土砂に埋まりました。

2人は駆けつけた消防隊員によって10分後に救出され、病院に運ばれましたが、いずれも死亡が確認されました。

当時、2人はほかの作業員4人とともに深さ3メートルほどの穴を掘って作業をしていましたが、その際、地上部分に積まれていた大量の土砂が穴の中に崩れ落ちたということです。

警察は、作業の安全管理に問題がなかったかなど関係者から話を聞いて事故の原因を調べています。